お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

大手小町の発言小町が携帯にも

いつでもどこでもと大手小町の発言小町が携帯電話向けに閲覧ができるようになりました。ちょっとした開いたすき間の時間にさっと読んで見ることが出来ますね。

また、携帯だからと言ってしょぼい内容ではありません。パソコンで閲覧できる内容がそのままで、書き込み発言出来ちゃいます。

その発言も掲載されたらお知らせメールを届けてくれますから、発言小町に発言してすぐに反応意見を発言することも出来ます。

読売新聞ならではの、コンパクトニュースやお天気情報を読売新聞が総力を挙げて取材したニュースをぎゅっと凝縮し、ケータイ大手小町ユーザーに届けてくれるので、最新情報を常にチェックできて、営業する人には話題がかきません。もちろん、ありがとう。24時間365日更新です。

また、読売新聞記者が取材したお店紹介コンテンツが旬のお店を写真とともに紹介してくれます。健康に関する情報、医療の読売が伝えた新聞記事の中から、最近の健康のことでの感心の高い肥満や女性に関係するものを選んでメディカル百科などでもお役立ち情報が読めます。また今日の運勢など気になる占いメールで南きさらぎさんのコスモスプラネット占いを毎週月曜日に届けてもらえるんです。チェックして、楽しいウィークデーを演出してみましょうね。

発言小町

大手小町の発言小町にはトップの右側にランキングがあり今どんな話題に人々が集まっているのかがわかります。とても便利です。さっきは父親が”娘に話し掛けてくる男性”というタイトルで娘にやさしくしてくれる若い男性が心配だとトピを立ててあり、これがアクセスランキング1位でした。その他にレスランキング数もあり、”「子供を産みたい」という具体的な理由を教えて下さい。”がレスのトップでした。にぎわっているんですね。

最下部には読売新聞にも掲載されていて私もよく読む「人生案内」が表示されて結構参考になります。読売オンラインに整理して掲載されていてうれしく思います。

さて、カテゴリ分けには以下のようなものがあります。
◆全て:全ジャンル一覧
◆話題:生活・身近な話題
◆男女:恋愛・結婚・離婚
◆子供:妊娠・出産・育児
◆働く:キャリア・職場
◆ひと:家族・友人・人間関係
◆健康:心や体の悩み
◆美:美容・ファッション・ダイエット
◆学ぶ:趣味・教育・教養
◆口コミ:旅行・国内外の地域情報
◆男性発:男性から発信するトピ

各分類(カテゴリ)から目的のトピを探しお気に入りに登録してみよう・・・!
2月6日からは発言小町内検索を利用できるようになったそうですから、更に便利になりました。あなたも何か発言小町してみようね・・!

運営の読売新聞グループ本社が関連している放送事業者

株式会社読売新聞グループ本社が有しているものとして総務省のウェブサイトに於いて公表されている放送事業者を挙げてます。

株式会社エフエム青森
株式会社テレビ岩手
株式会社宮城テレビ放送
株式会社エフエム山形
株式会社福島中央テレビ
日本テレビ放送網株式会社
株式会社テレビ新潟放送網
株式会社テレビ信州
株式会社テレビ金沢
株式会社静岡第一テレビ
讀賣テレビ放送株式会社
広島テレビ放送株式会社
株式会社福岡放送
株式会社テレビ長崎
株式会社熊本県民テレビ
株式会社テレビ大分
株式会社テレビ宮崎

日テレ歴代キャッチフレーズの紹介
1.2.3(ワン・ツー・スリー)!4(ヨン)チャンネルで楽しさ満開(1982年4月)
読んでみる。4でみる。(1982年10月)
おもしろまじめに4チャンネル(1983年2月〜1985年6月、小林完吾・徳光和夫)
活火山です。4チャンネル(1985年7月〜1986年2月、三宅裕司)
元気が大好き4チャンネル(1986年2月〜4月)
わたしの好奇心4チャンネル(1987年4月〜9月)
この春、プラス1(1988年4月)
ロマンリッチ4チャンネル(1988年10月〜1989年9月)
土、迫力。4チャンネル(1989年10月)
3.14倍(当社比)の春です。(1990年3月、中畑清)
一秒ごとに、新製品です。(1990年4月)
ハートフルコミュニケーション。(1990年10月〜1992年8月)
みんなのなかに、私はいます。(1992年8月〜1993年12月、同時にマスコットキャラクター「なんだろう」が登場・なお、「みんなの中に〜」は、青森放送でもOPの局名告知後に流れていた。)
Virginから始めよう。(1994年1月〜1995年3月)
それって、日テレ。(1995年4月〜1996年3月)
そんなあなたも、日テレちゃん。(1996年8月〜1997年7月)
日テレちゃんパワー(1997年8月〜12月)
日テレ営業中(1998年1月〜1999年8月)
日テレ式(1999年9月〜2001年3月・余談だが、この「日テレ式」は、1999年9月9日から放送されたが、当初は数字の語呂合わせでナイナイが言っていた。)
日テレブランド?(2001年4月〜2003年6月)
日テレ(2003年7月〜2004年1月、新CI導入に伴い)
&日テレ(2004年2月〜2006年3月)、なお「&日テレ」は、BS日テレやCS日本を通じ全国でも見られる。)(例、○○○(番組名)も&日テレ)
放送の情報だけ、番組のカタチがある「日テレ」(2006年4月〜2006年9月)
日テレちん(2006年10月〜・なお、「日テレちん」は、BS日テレでも視聴出来る。)
耳が覚えているキャッチフレーズがいっぱいあります。テレビっ子なんだね。

運営の読売新聞に在籍していた著名人

そうそうたる方々です。機会があったら書物にふれてみたいものですね。
芦辺拓(推理作家)
浅井信雄(国際政治学者)
池田正之輔(元科学技術庁長官)
伊藤宗一郎(元衆議院議長)
内田忠男(ジャーナリスト)
大岡信(詩人)
黒田清(ジャーナリスト 物故者)
大谷昭宏(ジャーナリスト)
小倉貞男(ジャーナリスト)
佐野洋(推理作家)
塩田丸男(作家)
杉山隆男(ノンフィクション作家)
小川彌生(漫画家)
杉下恒夫(JICA客員国際協力専門員)
高井潔司(北海道大学教授)
戸川猪佐武(政治評論家)
中村慶一郎(政治評論家)
丹羽雄哉(元厚生大臣)
本田靖春(ジャーナリスト、ノンフィクション作家 物故者)
本間俊太郎(元宮城県知事)
宮崎吉政(政治評論家)
山口正紀(ジャーナリスト)
芳村玲好(ジャーナリスト、作家 )


中でも「兵士に聞け」は呼んだ事がある杉山隆男(すぎやま たかお 1952年11月25日-)は、ノンフィクション作家です。東京都千代田区出身。東京都立日比谷高等学校を経て、一橋大学社会学部卒業。在学中から沢木耕太郎のアシスタントを経て、読売新聞社入社。2年ばかりで記者を辞職、以後、サピオ誌などの政治経済関連のフリーライターまたはルポライターとして活躍してます。
著書に、「メディアの興亡」(第61回大宅壮一ノンフィクション賞)、自衛隊に3年間密着して書き上げた「兵士に聞け」(第9回新潮学芸賞)などがあり「兵士を見よ」、「兵士を追え」などがあります。実家は神田神保町の杉山書店だそうです。

運営の読売新聞の掲載四コマ漫画

コボちゃん(朝刊)
サンワリ君は2004年7月の作者の鈴木義司氏の逝去を以って夕刊掲載終了したため現在夕刊の4コマ漫画の掲載はありません。
ドッポたちは現在土曜日の夕刊のみ掲載しているドッポたちはKODOMO面に掲載されてます。
あたしンちは日曜版に掲載されてます。

『コボちゃん』は、植田まさし作の4コマ漫画作品。
読売新聞(朝刊)で秋竜山の「あっぱれサン」(1980年1月1日 - 1982年3月29日)の後継作品として1982年4月1日から現在に至るまで連載されています。蒼鷹社から単行本が第60巻まで発売されており、現在は芳文社が単行本の新規発行を承継しています。1992年から1994年までよみうりテレビ・日本テレビ系で全63回がアニメ化されました。2004年12月1日付から、日本の全国紙の4コマ漫画としては初めてカラー化されました。又、アメリカでも、『Kobo,the li'l Rascal』というタイトルで翻訳出版され、大人気を博しました。

運営の読売新聞の社会部王国

読売新聞は、かつて立松和博、本田靖春、黒田清、大谷昭宏といった辣腕記者を社会部に擁し「社会面に強い」と言われた。とりわけ大阪社会部はコラム「窓」、長期連載「戦争」を拠点に、社会的弱者の視点に立つ特集記事を数多く発し、黒田が社会部長になってのち社会部は“黒田軍団”という異名で呼ばれていた。
しかし1980年代に社内で渡邉恒雄(現読売新聞グループ本社会長)らによる保守的思潮が主流になると圧力が高まり、1987年に黒田は退社に追い込まれた。渡邉に放逐された記者は数多いが、渡邉が直接手を下すことはなく、渡邉の意を呈した周囲が該当する記者を左遷したり、仕事を取り上げたりして、退社に追い込むのが常であったと言われています。
この行動は読売新聞の論説体系の統一の観点からは仕方無いものではあるが、読売新聞本来の魅力である「保守的なリベラル」というニ律背反しつつも社論は社論という絶妙なバランスに立脚した論説体系を捨てたという事で残念に思う旧来の読者が多くいるようです。

渡邉恒雄(現読売新聞グループ本社会長)さんの社内での力は絶大なもののようですが、これも資本主義という社会での経済活動なので現在の姿を考えると正しかったかと思います。今後も老若男女に楽しい新聞であってほしいです。

運営の読売新聞のマスコットキャラクター

2004年1月、読売新聞の創刊130周年を記念して、アニメーション作家で映画監督の宮崎駿(スタジオジブリ)の作による、「目玉の中に忍び込む昆虫」を表した新マスコットキャラクターを発表。名前は、同年7月、一般公募によって「どれどれ」という名前が付いた。
「どれどれ」の特長
「大きな眼」は、将来を見通し、先見性を持って報道にあたる読売新聞の基本方針を示している。新聞を読んでいるのは活字を大切にする姿勢を、緑色は環境を大切にする姿勢を象徴している。
「どれどれ」は、旺盛な探究心、好奇心を象徴する言葉である。
因みに、宮崎駿は読売系列の日本テレビのマスコットキャラクター「なんだろう」も手掛けたそうです。

2005年7月当時、読売新聞のシンボルキャラクター「どれどれ」が公募キャンペーン」があったようですまだ誰も知らない「どれどれ」のカラダの全体像を描いてもらうAコースと、テーマ曲「どれどれの唄」の替え歌を募集するBコースで、それぞれ最高賞金は50万円。 A、Bコースともに、一般部門、中・高校生部門、小学生以下部門の3部門。
以後、7月6日から9月12日まで行った「みんなの『どれどれ』大募集!」キャンペーンには、2万6942通もの応募があり、最終審査では、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、シンガー・ソングライターの拝郷メイコさんらが3時間にわたり厳正に審査してくれて、カラダの全体像を描いてもらうAコースでは国府佳奈さん(一般部門、京都市)ら3人が、テーマ曲「どれどれの唄」の替え歌を募集するBコースでは高野洋子さん(同、群馬県太田市)ら3人が、それぞれグランプリに決定しました。一般部門のグランプリには賞金50万円が、中高生部門と小学生以下部門のグランプリは図書カード10万円分が贈られたんだって。50万円は大金だね。いいな!?

運営の読売新聞の歴史

今から133年前の1874年11月2日 合名会社「日就社」から「讀賣新聞」創刊されました。

1911年1月19日 讀賣新聞掲載の投書をきっかけに南北朝正閏論争が勃発。
1917年12月1日 商号を「日就社」から「讀賣新聞社」に改称。
1924年2月25日 経営難から、前警視庁警務部長、後の衆院議員、正力松太郎が買収。
1925年11月15日 「よみうりラヂオ版」新設(テレビ・ラジオ欄=番組表の先駆け)。
1934年12月26日 大日本東京野球倶楽部(現:読売ジャイアンツ)創設。部数拡大に大きく貢献する。
1942年8月5日 報知新聞社を合併。「讀賣報知」に改題。
1945年7月27日 論評なし公表されたポツダム宣言を、翌7月28日「笑止、対日降伏條件」と報道し、同日、鈴木貫太郎首相の記者会見上の「黙殺」発言を7月29日に報道。
12月12日 正力松太郎がA級戦犯容疑で逮捕(9日前の12月3日にGHQから戦争犯罪容疑者の一人として逮捕令が下っていた)。巣鴨拘置所に収容される(1947年9月1日に不起訴で釈放、公職追放となる)。逮捕前日の12月11日には正力の推薦により馬場恒吾が社長に就任した。
1946年5月1日 題号「讀賣新聞」に復帰。
11月12日 「漢字を廃止せよ」との社説を掲載し漢字廃止を推進。
1950年6月1日 読売新聞社が株式会社に改組。
1951年 正力松太郎の公職追放解除。
1952年11月25日 大阪市で「大阪讀賣新聞」創刊、関西に進出。
1959年5月1日 札幌市に北海道支社開設。現地印刷開始。
1961年5月25日 富山県高岡市に北陸支社開設。現地印刷開始。
1964年9月23日 北九州市に「読売新聞西部本社」設立。現地印刷開始。
1966年6月29日 この日から7月2日まで行われたビートルズ日本公演を主催。
1975年3月25日 名古屋市で「中部讀賣新聞」創刊。
1977年 発行部数で朝日新聞を抜き、日本一となる。世界でもロシアのプラウダなどを抜いて一位に。
1979年 渡邉恒雄(現読売新聞グループ本社会長)が論説委員長に就任。
1988年6月1日 中部読売新聞社が読売本体と合併し読売新聞中部本社となり、題号から「中部」外れる。
1994年11月3日 当時の社長である渡邉恒雄の下で、主要なマスコミで初めて「憲法改正試案」を発表して、憲法の改正を主張。憲法について再考する一つのきっかけになった。
1999年2月1日 経営難の中央公論社を買収し、中央公論新社を設立。
2000年12月1日 紙面の文字拡大。「第二次文字拡大ブーム」に火を付ける。
2002年7月1日 グループ再編。株式会社読売新聞社を株式会社読売新聞グループ本社(グループ持株会社)と株式会社読売新聞東京本社に、株式会社よみうりを株式会社読売新聞西部本社と株式会社読売巨人軍に会社分割。中部本社はよみうりから読売新聞東京本社に分割承継(中部支社に格下げ)。大阪本社(株式会社読売新聞大阪本社)も株式交換により読売新聞グループ本社の完全子会社に移行。
2004年1月1日 読売新聞西部本社が北九州市から福岡市に移転。
2004年12月1日 朝刊連載の4コマ漫画「コボちゃん」が、日本の全国紙の4コマ漫画では初めてカラー化 コボちゃんにナベツネこと渡辺恒雄も登場。

報道と言うのは国家としても大事な機関です。戦争当時は報道統制などもあったりして、情報を操作することもあったりしたようです。海外の紛争などでも、最近はテレビ局を占拠して自軍の意思を表したりし、群集心理を良くない方向へ導いてしまうこともあります。毎日の生活に役立つ平和な記事や報道がうれしいです。大手小町で皆が幸せになる発言小町になってくださいね。

運営の読売新聞のうんちく

読売新聞は株式会社読売新聞東京本社、株式会社読売新聞大阪本社及び株式会社読売新聞西部本社が発行する新聞です。創刊は1874年11月2日、全国の本支社数は6社、通信網は全国352拠点、海外機関34拠点、印刷拠点は29ヶ所であり、国内最大級の新聞社です。

販売部数は1000万部を超え、世界で最も発行部数が多く、ギネスブックにはHighest Daily Newspaper Circulationで、朝刊と夕刊をあわせて2002年に14,323,781部を発行したと記されています。英国Times紙と特約契約を交わし、親米保守派新聞・また他紙と比較して大衆紙として知られています。2006年上半期平均値で公称発行部数は1003万部としてます。しかし実質的購読者数は800万部程といわれてます。

ギネスブックに掲載されているとはっびっくりです。時々熱心な若い新聞拡張員の人がやってきて読売新聞とって下さい。とお願いされてしまいます。でも私は購読してますよと話すと、あっそうでしたか!今後ともよろしくお願いします。といって感じよく帰ります。絵が好きで、絵画などの付録をつけてくれちゃったりするので、読売新聞は快く購読してます。時々他の会社の新聞拡張員のおじさんが来るんですが感じ悪!かんべんしてということで・・・。

YOMIURI ONLINE(読売新聞)が運営

読売オンラインがやってるサイトです。この中には教育、医療と介護、住まい、大手小町、旅行、グルメ、クルマ、ネット、しごと、読書、エンタメ、社説、があります。生活全般に対応して世界一の発行部数をほこる読売新聞の情報網を活用した「人」の活動の羅針盤として使えるようなサイトです。

その中ににある大手小町は発言と交流の場です。自慢発言や悩みや再婚話など2chのような掲示板のような感じもあり、自称セレブ達が大量に参加してそれぞれに情報交換して人生を切り開いてゆこうと言う相談所であります。主催者の読売の監査が厳しいとの発言もありますが、荒らしなどにならないように管理することも主催者には責任があります。男女入り乱れてにぎわってます。好奇心いっぱいの大手小町のこと掲載します。



※この記事他はあくまでも私の趣味として連載してます。間違いがありましても当局は一切責任は負いません。あしからず・・・。